見出しタグとは?コンテンツの魅力を高める使い方を初心者向けに解説

ライティング業務を始めると、見出しタグの使い方がいまひとつわからず、お困りの方も多いのではないでしょうか。この記事では、見出しタグとは何なのか、ライティング作業に欠かせない基礎知識を解説します。コンテンツの見栄えをよくする使い方もお伝えしますので、ぜひお読みください。

見出しタグとは?知っておきたい使い方の基礎知識

見出しタグとは、Webサイトを作成する際、見出しを設定するプログラミング用語です。WebサイトはHTML言語で作成しますが、そのとき<h1>見出し</h1>とタグではさむことから呼び名がついています。
見出し用タグは、h1からh6まであり、番号が小さいほどフォントサイズが大きくなる設定です。一般的にh1はタイトル、h2は大見出し、h3は中見出しと順番に使用します。クライアントさんによっては、構成指示にh2、h3など見出しタグを使用する方もあり、知っておきたいWeb用語です。
テキスト画面からの入力には使用しますが、通常のライティング業務ではタグを使用することはありません。

見出しタグの使い方をマスターする方法とは?

コンテンツの作成では、見出しを設定済みの案件もありますが、文字数の指定まではしていないことも多くあります。使い方をマスターするには、文字数を目安にする方法が初心者にはおすすめです。
見出しタグの数は、1,000文字の場合、h2は2~3の設定にすると話の展開がしやすく、読み応えのある仕上がりになります。h2の文字数は均等になるように300または500が目安です。1,000文字の場合、h3まで設定することは多くありません。1つのかたまりが小さくなってしまい、内容が薄くなるからです。
通常、h3を使用するのは3,000文字以上が多く、h4以下は箇条書きなどで対応し、ほとんど使用しません。

見出しタグの使い方にきまりはあるの?

コンテンツのなかで、タイトルとして使用するh1は1回、その次はh2を使用します。h3はh2のなかに設定するきまりがあるため注意しましょう。
h2の下にh3を設定して、情報の順位を明確化して読みやすくするのが狙いです。h3は数を多くし過ぎないようにして、h2のなかに2または3以内にします。h3の文字数は1つに対して、150~200文字程度に納めるようにするようにして全体のバランスに配慮しましょう。
コンテンツを図式化したとき、きれいな階層になるよう意識することがポイントです。見出しタグの使い方は、ロジカルライティングと密接なつながりがあり、構成を考えるときに活用します。

まとめ

見出しタグとは、Webサイトを作成するプログラミング用語であり、実際の業務ではタイトルや見出しの意味です。
数字が小さいほどフォントサイズは大きくなることから、h1はタイトルとして1回使用し、そのあとはh2やh3などを利用します。
文字数が均等になるように配置するなどの使い方を心掛けましょう。