E-A-Tとはなにか?Googleが定める3つの評価基準について解説

 

SEO対策においてセットで目にするE-A-Tという言葉ですが、むずかしそうで何をすればよいか分からないとお考えではないですか。E-A-Tを考慮してコンテンツの質を高めれば、SEOで良い結果が期待できます。

 

Googleになるべく高く評価してもらえるよう、まずは意味と必要性を理解することから始めましょう。この記事では初心者でもわかりやすく説明していきますので、参考にしてください。

E-A-Tにおける専門性とは

E-A-Tは3つの単語の頭文字からなるGoogleの品質評価基準のことです。1つめはExpertise「専門性」で、Webサイトやコンテンツが、特定のジャンルにおける知識や経験、スキルを持っているかどうかを指しています。

 

ひとつのテーマにおいて、深く価値のある情報を提供するほうがGoogleからは専門性が高いWebサイトだと評価されやすいのです。

 

たとえば病気の治療に関するコンテンツの場合、お医者さんに聞かないとわからないような専門的な情報を多く知ることができる、専門性に特化したページは評価が高いと言えるでしょう。

 

ユーザーが知りたい情報のニーズを理解して、的確に解決できるかどうかが重要になります。

E-A-Tにおける権威性とは

2つめはAuthoritativeness「権威性」で、そのコンテンツを誰が発信しているのか、という観点です。

 

資格や肩書などがあり専門家と呼ばれる人が作成したコンテンツは、Google検索エンジンによって信頼できる正しい情報だと判断され、検索結果の上位に表示されます。

 

たとえばフランス料理における調理の技法を教えるコンテンツの場合、フランス料理好きの主婦による解説よりも、本場のレストランで働くシェフやスタッフによる解説の方が正しい情報だとされるのです。

E-A-Tにおける信頼性とは

3つめはTrustworthiness「信頼性」で、そのコンテンツに含まれる情報やサイトの運営者は信頼できるのか、という観点です。

 

コンテンツの信用度は、科学的根拠をきちんと示しているか、信ぴょう性が高い公的機関などの情報を引用しているかが関係します。

 

また、実際に体験や購入したユーザーによる口コミなどの生の声は信頼性が高く、悪いレビューや批判的なコメントが多い場合などは評価が下がります。

 

信頼性を高めるためには、サイトの情報を正しく公開することも重要です。住所や電話番号だけでなく営業時間や位置情報、写真やWebサイトのURL、お問い合わせ先などが明確にユーザーに提供されていると、E-A-Tを高めることができます。

まとめ

Google検索エンジンの精度が高まるにつれて、以前のような小手先のSEO対策は通用しなくなり、E-A-Tを高めたWebサイトが評価されるようになっています。E-A-Tを高めることは、Googleが掲げるユーザーファーストの観点において非常に重要です。

 

サイト運営では、ユーザーにとって有益かどうかを最優先に考え、質の高いコンテンツ作りを行いましょう。