SEOライティングとは?基礎や勉強方法ついて解説

 

作成した記事を多くの人に見てもらいたいが、方法がわからなくて悩まれている方も多いでしょう。

SEOライティングを行えば、Googleなどの検索結果で上位表示につながり、ユーザーが記事に到達する機会が多くなります。

 

この記事では、SEOライティングの基礎や勉強方法について解説していきますのでぜひ参考にしてください。

SEOライティングとは?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化です。Googleなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に検索結果で上位表示させることを目的としています。

 

SEO対策には大きく2つにわかれ、サイト自体を検索エンジンに評価されやすくする内部対策と、外部サイトからの評価を集める外部対策があります。

そして、読み手が求めている文章に加え、検索エンジンに評価されやすい記事を作成することがSEOライティングです。SEOに関する知識がなく、検索エンジンに評価されない記事を作成すると上位されないため、ユーザーが記事に到達する機会が減ってしまいます。

SEOの基礎

SEOには多くの対策がありますが、初心者は基礎の3つのポイントを押さえることが大切です。

 

1つ目は、ターゲットとなるユーザーのニーズを探り、そのユーザーがどのようなキーワードで検索するかを知ることです。それにより、ターゲットの知りたい情報が推測でき、ユーザーが求めている記事を作成することができます。

 

2つ目は、信頼性の高い記事を作成することです。自らの知識だけではなく、具体的に調査が行われた外部データや公共機関のサイトからの引用を明記することで、記事の信頼性を高めることができます。

 

3つ目は、独自性の高い記事を作成することです。現代は情報が膨大にあふれているため、まったく新しい情報を提供することは難しいですが、独自の視点で解説したりわかりやすく編集したりすることは可能です。

SEOライティングの勉強方法

SEOライティングを学ぶ方法は大きく分けると3つあり、無料で気軽に学習できるものから、高額ですが体系的にしっかりと学習できる講座などがあります。

 

1つ目は、検索上位記事の実例で学びます。作成予定の記事と同じキーワードを使用している検索上位記事の内容を分析し、何を意識して作成しているか読み取ります。

 

2つ目は、書籍やYouTubeで学ぶ方法です。必要な情報を必要な時に調べることができ、YouTubeなら無料で学習することもできます。

ただし、SEO対策は日々変わっているため、古い情報だと現代ではあまり通用しないこともあるため注意が必要です。

 

3つ目は、セミナーやオンライン講座で学びます。適切な手順で学習することで、SEOライティングのスキルを効率よく高めることができます。

まとめ

SEOライティングの基礎や勉強方法について解説しました。SEOを意識したライティングを行うことで、検索結果で上位表示になりやすくなり、記事が読まれる確率が高くなります。

今回記事の中で解説した情報を参考にしていただけますと幸いです。